松岡不動産鑑定士事務所

愛知県・名古屋市の不動産鑑定事務所のブログです。

6月 22nd, 2017

名古屋の黄金通読み方変更

地名, by admin.

名古屋市中村区にある「黄金通」、お金持ちになれそうな地名です。その町名が「おうごんどおり」から「こがねどおり」に変更されることになりました。ちなみに私は、こがねどおりと思っていましたし、地元でもおうごんどおりと呼ぶ人はほとんどいなかったそうです。そういえば、近くにある黄金陸橋も「こがねりっきょう」、近鉄黄金駅も「こがねえき」、黄金小学校も「こがねしょうがっこう」と呼ばれています。

黄金通り以外では、15年前、昭和区の御器所「こきしょ」が「ごきそ」に変更になりました。こちらもほとんどの人が「ごきそ」と呼んでいると思います。

その他私が子供のころ聞いた話では、東区の東新町「とうしんちょう」は、「ひがししんまち」が正しいとのことでした。こちらもほとんどの人が「とうしんちょうと呼んでいると思います。変更されたのでしょうか?

このように正式名と呼び方が一致しない場合、地元からの要望後議会での審議を経て変更が認められるそうです。黄金通のケース、特に地元の人はすっきりしたのではないでしょうか。

愛知県・名古屋市の不動産鑑定士「松岡不動産鑑定士事務所 」

 

 

 

Back Top

Responses to “名古屋の黄金通読み方変更”

  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です