松岡不動産鑑定士事務所

愛知県・名古屋市の不動産鑑定事務所のブログです。

7月 14th, 2020

災害の歴史を残す地名

地名の話, 災害・地名, by admin.

今回の大雨で特に九州を中心に大きな被害をもたらしました。昨今、毎年のように発生する大雨災害ですが、災害が発生する可能性の高い地名についての研究も盛んになってきたようです。

一般的に、「さんずい」の付く地名や、水、谷、田、沼、など水に関連する字の入った地名は、かっての土地の名残であると言われることが多いですが、町名変更の際、「〇〇ヶ丘」「〇〇台」など、名古屋市東部にも多くある地名にし、イメージを変えることもあると知りました。

また、一見災害とは関係なさそうですが、「蛇」とつき地名も災害リスクがあるとの記事を読みました。すなわち、蛇が多い→崖→崩すと蛇が起きてくる、ということだそうです。崖が近いということは、その周辺は崖の下、谷底の低地、災害の危険があることになります。

自然災害、忘れたころにやってくる、とは言いますが、現在はまだ忘れていないのに次の災害がやってくる現状です。ハザードマップなどで災害の危険性を把握するとともに、災害が起こった際の備えを怠らないことが大切だと思いました。

愛知県・名古屋市の不動産鑑定士「松岡不動産鑑定士事務所 」

Back Top

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です