松岡不動産鑑定士事務所

愛知県・名古屋市の不動産鑑定事務所のブログです。

8月 18th, 2018

不動産と災害の話

不動産の話, by admin.

よく、「不動産にお買い得はない」と言われますが、特殊な事情(売り主が売り急いでいたとか、適正な価格を知らなかったとか)を除いて、買い主が大きく得するケースは少ないと思います。

不動産、土地の価格には、その価格を形成する要因(駅距離や環境、道路幅員など)があり、最近では災害に対するリスクなどの影響が大きくなった感があります。

先日の西日本豪雨で大きな被害を受けた岡山県倉敷市真備地区、ここの土地の価格はお隣の総社市の半値程度だったそうです。岡山県は降雨量が少なく、水害などのリスクななければ、かなりお買い得な地域だったかもしれません。

ですが、過去には大きな水害が何度か発生しており、そのようなリスクを織り込んだ安い価格だったといえると思います。

私は地価公示を担当している長久手市でも、大きな川に近い地域の土地価格は割安感があります。

割安な不動産、災害のリスクはもちろん、その価格を一度疑ってみる必要があると思います。

 

愛知県・名古屋市の不動産鑑定士「松岡不動産鑑定士事務所 」

 

 

 

 

Back Top

Responses to “不動産と災害の話”

  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です