松岡不動産鑑定士事務所

愛知県・名古屋市の不動産鑑定事務所のブログです。

12月 4th, 2019

木造住宅派が過去最低

不動産の話, 社会・時事(不動産), by admin.

戸建住宅には、木造、RC造、S造などがありますが、日本の一般的な戸建住宅の主流であった木造住宅派が73.6%と過去最低になりました。8割を切ったのは初めてだそうです。ちなみに、RC造、S造などの非木造住宅派は23.7%でした。

木造の良さは、木の風合いが楽しめたり、湿気の多い日本に気候にあっているなどがあげられますが、耐震性や防音性などは非木造に劣ると言われています。木造派の減少理由として、ここ数年の自然災害の影響もあるのかと思います。

木造、非木造ともに思うことは、日本の住宅の価格は高すぎると思います。特にここ最近の建築コストの上昇により、異常な建築費になっています。国は規格型住宅を普及させるなど、低コスト住宅の開発に予算を割いて欲しいと思います。

愛知県・名古屋市の不動産鑑定士「松岡不動産鑑定士事務所 」

Back Top

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です