松岡不動産鑑定士事務所

愛知県・名古屋市の不動産鑑定事務所のブログです。

Archive for the ‘不動産の話’ Category

日本の不動産価格は2極化が叫ばれて久しいですが、アベノミクスによる金融緩和以降、3極化の傾向が見られるようになりました。 ファンドバブル以降、上昇を続けた三大都市圏の地価上昇率が鈍化し、三大都市圏以外の地方中核都市の地価…

最近、賃料評価のご相談が増えているように感じます。確かに、土地の価格に関しては、路線価や地価公示などのHPからみられますし、建物は固定資産税の評価額などで対応することも可能でしょうが、賃料、特に地代は客観的な指標が乏しい…

私は,商業地(商業店舗)の鑑定評価を行う時,まず,その土地の存する商業地域の集客力をイメージするようにしています。その商業地域を利用する人は,どこに住んでいて,どのようにその商業地域に向かうのか,目的は何か.などです。そ…

土地の鑑定評価額は、その接面する道路も価格形成要因となるため、道路の種類や幅員(画地条件になりますが角地・二方路など)も調べることになります。 道路は、快適性(日照・通風など)や系統・連続性、収益性(商業地)進入・搬入の…

前回の地下埋設物のある市街化調整区域内雑種地の鑑定評価の続きです。   地下埋設物び減価方法は、通常の建物建設を前提とする最有効使用であれば、撤去費用+処分費用をマイナスすることになると思います。また、場合によ…

名古屋市近郊、トヨタ自動車のお膝元である市で行った鑑定評価です。 評価を行う上での問題は、 1.最有効使用を含め、市街化調整区域内雑種地の価格をどのように求めるか。 2.地下埋設物をどのようにみるか。 の2点だと思います…

先日、暴力団事務所新設反対のパレードがあったとの新聞記事が載っていました。実際、暴力団事務所の存在は土地の減価要因になります。抗争などの心配もあるからと考えられます。   鑑定評価を行う際にも、このような施設の…

現物出資とは,会社設立や増資の際に個人が所有している財産を現金の代わりに資本金として出資することをいい,不動産を現物出資する際は,税理士等の証明書に加えて,不動産鑑定士の鑑定評価が必要と会社法で規定されています。 &nb…