訳あり不動産の価格

2024-07-09

事件や殺人などがあった不動産、所謂事故物件の鑑定評価額ですが、忌み物件であり市場性が著しく劣ることから実勢価格から大幅に安い価格になります。対象となる不動産によっても異なりますが、減価率は50%程度になることが多いです。

先日、建ぺい率オーバー、接面私道の長さオーバー、接面長さ(2m)未満を理由とした訳ありの不動産の価格に書かれた記事を見ました。全て再建築不可の物件になります。ちなみに建ぺい率オーバー、接面私道の長さオーバーの不動産は実勢価格の50%減価、接面長さ未満の不動産は約40%減価の売り出し価格だそうです。

今回のケースはあくまで売り出し価格ではありますが、おそらく成約価格は売り出し価格に近い価格になることが予想されます。

最近、新築不動産の価格上昇に伴い注目が集まってきた訳あり不動産、建物の修繕・維持により長期間居住が可能であれば、お買い得な不動産かもしれません。

愛知県・名古屋市の不動産鑑定評価なら「松岡不動産鑑定士事務所」